食はい・の・ち
  農協・農業委員会のあり方を考えるシンポジュウムに参加
  いろいろ、パネラーの方から学びました。
c0187600_11242440.jpg

  今年は国連が定めた『国際家族年』だそうです。
  日本の農業は
  この家族と兼業農家に支えてらている事は
  周知の事実のはずですが・・・
  政府が打ち出す「農業・農協改革」の中身は
  農業を大企業に参入させもうけ追及の場にしようとしてます。
  
  農業の番人である農業委員を排除し
  農協つぶしを画策しています。

  TPP断固阻止と農協が国に反旗をひるがえした
  見せしめ、いやがらせだと思わざるを得ません。

  真面目にコツコツ働いても報われない。
  農家のやる気を 削ぐやりかた。
  許せないです。
  
  参加者として
  父が発言しました。
  私は84歳で農業をしています。
  若い頃に百姓をやりたくなくて
  東京に家出した。
  当時、食糧事情が大変悪く
  店でラーメンを注分したら糸こんにゃくが出てきた。
  衝撃だった。
  こんなところにいたら死んでしまうと
  本気で思っい帰ってきた。
  食料が無くて困るのは
  消費者です。
  これからの、農業を支えないと
  大変な時代が またやってきます。

  妙に説得力があって
  わかりやすかった。

  父が長い間
  貧しくても、苦しくても
  農業を
  米作りを
  辞めない理由が
  少しだけ わっかた気がした。
  
  


  
  

  
  
  
  
  
  
  
[PR]
by llp-yuimaru | 2014-07-26 09:05
<< 怪獣ちゃん現る! 足場取れました >>