<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
味噌つきをやりました!
3月下旬に農家さんと味噌つきをやりました。

味噌つきをするための材料は以下の通りです。
(大豆の量を基準として)
・大豆15kg
・麹菌が付いている麹15kg
・塩 6kg(出来上がって夏場に食べたい方は
粒が細かい塩、1年ほど置きたい方は粗塩を使用する)
・タル
・ポリ袋(タルの容積にあった袋)
・重石用の塩6kg
・袋

手順をご説明したいと思います。

①朝7時ごろから釜に火をつけておく。

②一晩釜にうるかしておいた大豆を一度沸騰させて煮て、
その後約4~5時間コトコトと弱火で煮込み、灰汁を何度か取り除く。
(この間、火が消えないように木をいい塩梅にくべる)

③煮込み具合を確認するために、大豆を片手の親指と小指でつぶします。
大豆が簡単につぶれるなら煮込みがOK!

④煮込んだ大豆をザルにとり、煮汁をきっておく。
きった煮汁はバケツに入れておく。

⑤大豆を機械を使ってつぶして、塩を入れ、
ひと肌ぐらいに冷めた後に麹を入れで混ぜる。

⑥タルにポリ袋を広げて、樽に入れる。

⑦一日置いた後、重石用の塩を袋に入れ厚さ2センチに広げて、出来上がり!
となります。
c0187600_13122971.jpg
上の1枚めの写真は、釜で大豆を煮炊きしている様子です。
大豆が軟らかくなることに加えて、釜の底にある大豆を焦がさないようにするために、
火の管理が大変でした。
c0187600_13125475.jpg
2枚めの写真は、機械で大豆をつぶしたものに塩と麹を混ぜている様子です。
かなり力が必要で、若い私でも一苦労でした。
c0187600_13131391.jpg
3枚めの写真は、タルに出来上がったばかりのみそを入れ終わったときのものです。
とてもいい薫りがしていました。

あと数か月後にはこの手作りみそを使って、みそ汁や焼きおにぎり、キュウリがたべれることを想像すると、とても楽しみです!

未来へつなげるためにもしっかりと覚えて、また作れるようにしたいと思います!
[PR]
by llp-yuimaru | 2012-03-29 13:51 | ゆいまある活動
どぶろく作りの手伝い2
3月14日(水)、2回目のどぶろく作りの手伝いを行いました。
今日は農家さん3名と一緒に、会話を楽しみながら作業しました。
c0187600_1302466.jpg
上から2枚の写真は、蒸した酒米を風にさらして冷やしている様子のものです。
1枚めの写真は、手伝ってくださった農家さんの一人です。
美味しいどぶろくが飲めるようにと一生懸命になっていました。
c0187600_1305818.jpg
2枚めの写真の赤い色は黒米(古代米)を白い酒米に混ぜたため、
このような色になっています。
どぶろくも赤く色づけばいいなと楽しみながら準備しました。
c0187600_1315426.jpg
3枚めの写真は、カメにどぶろくを仕込んでいる様子のものです。
「美味しくなあれ」と気持ちを込めて仕込みを行いました。
5月上旬には今回仕込んだどぶろくが美味しく!?飲める予定です。
農に生きる農家さんから学び、若い僕らが後世へつないでいけるよう
楽しく真剣に覚えていきたいと頑張りました!
[PR]
by llp-yuimaru | 2012-03-15 13:25
3.13重税反対全国統一行動郡山地区集会
3月13日(火)、今日は重税反対の郡山地区の集会に参加しました。

この運動は全国549か所で行われ、15万人の方が参加しました。

郡山地区集会では多くの団体の方が参加し、「消費税増税の反対」や
「労働賃金の引き上げ」を声を大にしながらプラカードを掲げ、郡山市内を行進しました。

その後郡山税務署へ向かい、集会者が申告書を提出しました。

国民が安定して生活できる社会を目指したい、弱い者イジメは懲り懲りだと思いました。

c0187600_11494340.jpg

[PR]
by llp-yuimaru | 2012-03-15 12:07
3.11 福島県民大集会
3月11日(日)、今日は福島県民大集会に参加しました。

集会では歌手で女優の加藤登紀子さん、小説家でノーベル文学賞受賞者の
大江健三郎さんがゲストでお越しになっていました。

原発を計画と段階を踏んで、依存してきたエネルギーを転換して
原発のない福島を実現していけるよう歩んでいきたいと思ったイベントでした。
c0187600_10111628.jpg

[PR]
by llp-yuimaru | 2012-03-13 10:15
LLPについて
LLPの3つの特徴

①有限責任→責任が限られる
(例)経営に失敗して解散する際に、出資者は出資した全額分の責任を負う。
   損失の配分は各組合員の出資額が上限となるため、上限を超えることはない。
   ただし、不注意によって外部に損害を与えた場合は「無限責任」となり、責任を負う。

    
②内部自治原則 
(出資者=業務執行者)が自ら組織内部のルールを自由に作り運営に
あたることができる。
 (例)業務執行者の資力・専門分野・力量の仕事の貢献度合いに応じて
利益配分の割合を「組合契約書」に定めて自由に決められる。
  業務執行者が個人の場合・・・個人が業務執行する
  法人の場合・・・職務執行者を選任する

 【組合契約書とは】
  A.絶対的記載事項(8項目は法律で義務付けられている)
    1.有限責任事業組合の事業(以下LLP)
    2.LLPの名称
    3.組合員(個人でも法人でもよい)の氏名または名称、及び住所
    4.LLPの存続期間
    5.組合員の出資の目的及びその価額
    6.LLPの事業年度
    7.LLPの事務所の所在地
    8.LLPの契約の効力が発生する年月日

  B.相対的記載事項(記載しなければ法律的効果を得られない項目)
  C.任意的記載事項(ほかの法律や公序良俗に反しない限り自由に規定できる)  

③構成員課税(パススルー)制度
LLPは法人格があるが、「出資者に配分した時点で」課税されることが特徴。
(例)株式会社の二重課税となるので、LLPのほうが課税が少くなる分利益が増える。
[PR]
by llp-yuimaru | 2012-03-05 17:07 | LLPとは